パートタイマーとして働く薬剤師について

薬剤師として働いている人は、正社員だけでなくパートタイマーの人もかなりの割合でいます。大学を卒業して新卒として働く時は正社員を希望する人が多いですが、働き続けるうちに結婚したり出産して、フルタイムで働くことが難しくなる場合があります。
パート薬剤師の求人サイトのオススメは?

薬剤師の資格があれば、パートとして雇ってくれるところも非常に多いので、 時間の制約がある方はパートで働く選択をするケースが多いです。 一般に結婚や出産を経た後で女性がパートの仕事を探そうとしても、 希望通りの仕事がなかなか見つかりにくいことがあります。

でも薬剤師の場合は人手不足のお店も多く、比較的スムーズに 仕事が見つかるようです。 パートの場合は午前中だけとか午後だけ、または都合の良い時間だけで OKという所もあります。

調剤薬局の場合はシフトが組まれ、その時間は必ず働いてくれないと 困るという場合もありますが、ドラッグストアになるとまた違います。 正社員の人が休憩を取るために、少しの時間でもいてくれれば ありがたいということもあるのです。

ドラッグストアは薬剤師がいないと営業できませんから、正社員が カバーできないちょっとした時間でも良いから勤務して欲しいという お店側の都合があるようです。

薬剤師は女性が多いので、ライフスタイルによって働き方も 変わってきます。誰でも子育てや介護などで勤務時間を短くしたいという 時期はやってくるでしょうから、パートとして働きやすい薬剤師という 職業は、他の職業の女性から見るとうらやましいものでしょう。

薬剤師が不足している地域では、薬剤師を迎え入れるために 時給がかなり高めに設定されていることがあります。 短時間で効率よくお給料がもらえるなら、こんなに嬉しいことはないですね。

一時期パートで働いていても、子供が成長したり介護が終了して時間に 余裕ができたら正社員の仕事を探すことも可能です。 資格を持っているということはそれだけ柔軟な働き方ができるということですね。

患者さんと密に接することができる薬剤師求人は?

薬剤師の仕事をこなす方にも、黙々と調剤業務を進めていくのが得意な方もいれば、患者さんとのコミュニケーションが得意、という方もいます。 後者のような方で「より患者さんと密に接する仕事がしたい」と望む場合、病院薬剤師や漢方薬剤師、在宅医療を手がける薬剤師を選ぶことをおすすめします。

同じ病院薬剤師でも、調剤業務メインとなる職場と、服薬指導メインとなる職場とがあります。近年ではどの薬局でも処方箋を扱う「院外処方」が主流となっていますが、大きな病院では引き続き院内処方が行われています。

そのようななかで、調剤業務を主に扱うならば、患者さんとコミュニケーションをとる機会はそう多くありません。 これに対し服薬指導を主業務とする場合、病棟に勤務して直接入院患者と対面しながら投薬を進めていくため、日々患者さんと接しながら薬剤師の仕事をすることができます。

業務内容としては、医師と相談し、患者さんの容態を見ながら投薬内容を調整していきます。患者さんに投薬内容を説明すること、日々の体調変化や検査結果を見ることで薬効を確認し、症状の改善・維持に努めていきます。

患者さんと密に接する喜び、自身の投薬によって患者さんが健康を取り戻す様子を見、寄り添える喜びは、強いやりがいをもたらすでしょう。

次に漢方薬剤師の仕事を見てみます。西洋医学のような即効性のある薬ではなく、ゆっくりと体質を改善していく東洋の薬「漢方」の処方は、個人の症状や体に合わせることが重要になるため、患者さんとの密なコミュニケーションが欠かせません。

同じ症状でも人によって全く合わない漢方もあり、患者さんの状態を細かく観察・確認しながらの調剤・服薬指導を行う仕事です。 近年注目される「在宅医療に携わる薬剤師」は、在宅介護を受けながら投薬を必要とする患者さんの家へ出向き、投薬全般のサポートを行います。

在宅医療を受ける高齢者は、複数の疾患を持ち、いくつかの病院から投薬を受けることがよくあります。薬をより飲みやすくし、飲み忘れを防げるように、各医師と連携して薬を一包化するのも仕事の一つです。

薬について患者さんや介護者に説明し、服薬指導・管理を行い、薬効を確かめていくため、こちらも日々患者さんに接していく仕事となります。在宅医療を扱う地域密着の調剤薬局へ勤務することが、在宅医療薬剤師への第一歩です。

このような職種をピンポイントで探したい場合、薬剤師専門の転職支援サイトを利用してみてください。業界に詳しい専任エージェントに相談しながら、希望に合った求人を探すことができます。 調剤・処方する薬の向こう側にある患者さんに接することで、薬剤師の仕事の意味・やりがいを日々感じることは、薬剤師自身の大きな充実につながります。

薬剤師の任務「薬事衛生」に携わる仕事

薬剤師の仕事といえば、調剤を通して患者の病状改善に努める姿をイメージしますが、薬剤師法として法律に定められる「薬剤師の任務」を見てみると、また別の業務があることがわかります。

詳しくは、薬剤師の任務とは「調剤、医薬品の供給その他『薬事衛生』を司ることにより、公衆衛生の向上・増進に寄与し、国民の健康な生活を確保する」ものと定められています。ここでいう薬事衛生を直接的にカバーするのは、「薬剤師公務員」と呼ばれる職種なのです。

薬事衛生においては、薬学知識をベースとして、薬品環境全般(製造・販売・利用含む)の整備、管理、研究を行うほか、衛生面の整備では食品、廃棄物、劇薬、毒物の管理業務まで幅広く取り扱われます。

これらの業務を実際に行っているのは「薬剤師公務員」です。例えば地方公共団体には、薬事衛生専門の部署が置かれています。この部署では、食品衛生管理、理美容・旅館・海水浴場の衛生管理、狂犬病予防、さらには覚せい剤・麻薬までを網羅しています。

医薬品環境の整備においては、医薬品の品質管理、製造販・販売・管理状況のチェック、これを扱う薬剤師業務をチェックする「薬事監視員」という職種があります。薬剤師が薬剤師の仕事をチェックしています。

学校保健安全法によって、全国の小・中・高等学校に設置が義務付けられている「学校薬剤師」は、教育機関における薬事衛生を維持・管理します。 業務内容としては、給食施設の衛生指導、生徒の飲酒・喫煙・薬物利用防止の啓蒙・指導をしたり、プールの水質検査、教室の明るさや換気状態を適正に管理していきます。

飲食店へ立ち入り検査を行い、適切な衛生状態が保たれるように指導を行う「食品衛生監視員」や、ゴミ処理などの廃棄物処理業を管理する「環境衛生指導員」も、薬事衛生に則った、薬剤師公務員の仕事のひとつです。

「これが薬剤師の仕事?」と意外に思われることの多い職種としては、空港での麻薬取締官、渡航者の伝染病検査を担当する検疫委員などがあります。

薬剤師の資格を活かしつつ、公務員としての身分保証や安定収入を求めたい方が目指すことができる「薬剤師公務員」の仕事は、医薬品だけに限らず、地域社会の安全・安心のために衛生面全てを管理するべく、それぞれの分野のスペシャリストとして活躍することになります。

どんな仕事で、どんな求人があるのかを見てみたい、という方は、薬剤師専門の転職支援サイトの情報を参考にしてください。

このページの先頭へ