薬剤師が働くさまざまな職場

薬剤師は誰でも知っている通り薬を扱うお仕事です。でも働く場所や 仕事内容から、もう少し細かく分類することができます。 一般的には調剤薬局で働く薬剤師が分かりやすいと思います。

調剤薬局とは病院で診察を受けた後に出してもらった処方箋を 薬と引き替える薬局です。たいていは病院やクリニックのすぐそばに あるので分かりやすいでしょう。

以前は病院内に薬局が併設されていることが多かったのですが、 医薬分業にが進んで病院では院外処方箋を出すようになりました。 患者さんはそれを持って病院外の薬局に行くのです。

薬剤師として働いている人の半分くらいは調剤薬局を職場としている ようです。ただ薬を渡すだけではなく、利用者に薬の説明や飲み方の 指導をします。子連れの方や高齢者にも分かりやすく説明する必要が ありますし、多くの人にテキパキと薬を手渡す必要もあります。

また病院内で働く薬剤師もいます。入院施設のある病院で入院している 患者さんに医師から処方箋が出された場合、それをもとに薬を患者さんに 渡すのです。もちろん薬の説明をしたり、投薬の指導も行います。

長期にわたって入院している患者さんには、薬の効果がきちんと あらわれているのかチェックしたり、場合によっては医師に薬の変更 等を提案することもあります。

それからドラッグストアでも薬剤師は働いています。薬の種類によって 薬剤師が説明・販売を行わなければならないものがあるので、 ドラッグストアでは薬剤師を置かなければ営業できないのです。

ドラッグストアでは薬以外の日用品等も売っていますので、 薬剤師といっても薬とは関係ない商品の販売やレジ打ちも行います。 こうした薬を販売する仕事の他に、企業で薬の研究をしたり、新薬の 開発に携わる薬剤師もいます。

あとは製薬会社と病院の橋渡しをするような仕事もあります。 このように薬剤師といってもいろいろな職場で働いている人がいて、 仕事内容もそれぞれ異なっているのです。

このページの先頭へ