薬剤師になるためにはどうすればよい?

薬剤師になるためには、薬剤師国家試験を受験して、これに合格 しなければなりません。この試験は厚生労働省が行っています。 そしてこの試験を受けるためには大学の薬学部などで6年間勉強する 必要があるのです。

ですから大学受験の段階から薬剤師になることを決めて、薬学部を 選択しなければならないわけです。以前は4年間勉強すればよかった のですが、現在は法改正されて6年間になったのです。 4年制だった頃に卒業した人については経過措置がとられています。

現代は医療技術がめざましく発達していますし、医薬分業で 薬剤師も医療のことを幅広く学んでおかなければならないのです。 国家としても質の高い薬剤師を養成するために、教育期間を6年という 長い期間に延長することになりました。

薬剤師国家試験は年に一度しかチャンスがありません。薬学部を 卒業してもこの試験に落ちてしまうと薬剤師になれませんから、 一年待って再度試験を受けることになります。

薬のことを学ぶのに6年間もかかるのは長いと思うかもしれませんが、 人体のことも知っておかなければなりませんし、学ぶ範囲はとても 幅広いのです。

また実験や研究もしなければなりませんし、覚えることもたくさん ありますから、大学生活はとても忙しいようです。 薬科大学を卒業しただけでは薬剤師になれないので、国家試験の 勉強も必要ですし、かなり勉強熱心な人でないと薬剤師になるのは 難しいかもしれません。

なお、大学での勉強だけでは薬剤師国家試験に受かるか不安だという人は、 薬剤師の予備校に通うこともあるようです。 また国家試験に落ちてしまって再受験が必要という人も、予備校で 学ぶことが多いようです。

薬剤師の試験の合格率は8割以上なので、大学での勉強を真面目に こなしていれば受かる人が多いです。 予備校に入ると費用もさらにかかるので大変ですが、試験のポイントを 効率よく勉強したい人や、試験に合格するか心配だという人が 通っているようです。

このページの先頭へ